一戸建て・土地情報のエイムハウストップ >まめ知識>賃貸と購入の比較

広告できない早耳情報メンバー専用物件が検索できる「エイムハウスメンバー」募集!

エイムハウスメンバーとは?

  • スペシャルインタビューお客様の声
  • AIM HOUSE TIMES
  • スタッフブログ
  • スタッフ紹介
  • ハウスアドバイザー募集中
  • 住宅購入シミュレーション
  • スマートフォン専用サイト
  • ご来店プレゼント
お気軽にお問い合わせください フリーダイヤル0120-5768-90
  • お問い合わせ
  • 店舗案内図

まめ知識

5年の賃貸料が住宅ローン返済額の2倍!?






ここで、一つの新しい考え方を提案します。不動産を「投資」と考えることです。


男性Aが賃貸マンションに5年間居住した場合の支出

賃貸に居住することと不動産を購入することでは、一見自分の負担は変わらないように思われがちですが、BさんはAさんの支出とほぼ同じ金額で不動産を購入でき、結果的に約3,300万円の資産(価値)を手に入れたという結果になります。もちろん、Aさんには何の資産も残りません。

男性Bが賃貸マンションに5年間住宅ローンを返済した場合の支出

また、この事例は住宅ローンの金利が安い今でこそ成り立つ図式であって、将来金利が高くなることも想定されます。 ある程度の頭金があるのであれば、「賃貸に住みながら貯金し続けていい物件が出たら購入しよう」などという考え方よりも、「今の自分でどの程度の額の物件が購入できるか?」などというような、より具体的な相談を不動産業者に持ちかけた方が賢い考え方だといえるでしょう。

さらに、購入したマンションが月々10万円の返済のところ15万円で賃貸に出せた、なんてことになれば、さらに多くのプラスが生まれます。売却に関しても同じ。
不動産は半額以下にはならないとされており、かつ駅近であればもっと多くの利益につながります。

『超低金利時代』と言われている今日。将来のことを常々気にかけている方であれば、今このときの不動産購入はきっと良い結果を生み出すと思います。
しかし、賃貸・売買、両者のメリット・デメリットは必ずあり常に平行線と言われています。
自身のライフスタイル(将来の家族構成、住みたい場所、マネープラン)などに合わせて選択していきましょう。

スペース
豆知識一覧へ戻る
一戸建て・土地情報のエイムハウストップ >まめ知識>賃貸と購入の比較