一戸建て・土地情報のエイムハウストップ >スペシャルインタビュー>vol34 T様

広告できない早耳情報メンバー専用物件が検索できる「エイムハウスメンバー」募集!

エイムハウスメンバーとは?

  • スペシャルインタビューお客様の声
  • AIM HOUSE TIMES
  • スタッフブログ
  • スタッフ紹介
  • ハウスアドバイザー募集中
  • 住宅購入シミュレーション
  • スマートフォン専用サイト
  • ご来店プレゼント
お気軽にお問い合わせください フリーダイヤル0120-5768-90
  • お問い合わせ
  • 店舗案内図

Vol.34  リビングを広く収納を豊富に!

インタビュートップへ戻る

世田谷区世田谷にマンションをご購入され、その後リフォームを施されたT様ご家族。
今回はご夫妻にご購入までの経緯をお聞きしました。【後編】

■物件情報

所在地/世田谷区代田家族構成/ご夫婦&お子様2人&ワンちゃん間取り/3LDK+S専有面積/85.13m²
完成年月/1995年6月

■世田谷区役所に程近い静かな住環境で、築16年の
メゾネットタイプマンションの購入を決意されたT様ご家族。
始めからリフォームを視野に入れてのご購入だったそうですね。

リフォームが出来なければ買わないつもりでいましたので、
リフォームにかかる最低金額をまず捻出し、マンション購入金額に
加えて試算していました。




■リフォーム間取りは旦那様自ら図面に起こされたそうですね。

建築系の学校を卒業していましたので、夫婦の要望を反映させた
間取りを図面に起こし、リフォーム会社の方に渡しました。
その際、妻には家具や三輪車など、家に収納する
全ての物のサイズを測ってもらい、細かく書き出してもらいました。
そのおかげで、スペースの無駄を徹底的に省くことができ、
空間の有効活用へとつながりました。

■間取りを考えられる際に重視された点は何ですか?

子供達が今の状態でも、大きくなっても無理なく住めることを
意識しました。中でも家族が集まるリビングには広さと開放感を求め、
洋室部分を一部屋無くして、1フロア全てをLDKに変更しました。

約24帖の広さを持つリビングは子供も大喜びで走り回っています。
家族皆で寝転んだり、のびのび過ごせるのでお気に入りの空間です。

他には、子供がいると物が増えるので、収納を増やしました。
主に可動式を用いることで、持ち物の変化にも対応できるようにしています。

また、各居室から洋服棚をなくして広く使えるよう、廊下部分まで洗面室を延長し、洋服等を収める収納スペースを設けました。




■その他にこだわった点はありますか?

全体的に、家具が映えるように白色を基調とし、あまりデザインしすぎないように心掛けました。好みが出すぎては再販しづらくなりますからね。

■それでは最後に、これか3らマイホームを購入される方に
アドバイスをお願いします。

家は大きな買物ですので、気に入った物件が見つかっても
即決できずに悩むこともあるかと思います。そんな時には、
冷静に考えてその物件をまたこの先購入しようと思うか、
または賃貸で借りようと思うかを、第三者的な立場で考えてみると
いいかと思います。

客観的に見たときに、改めて自分が飛びつくような
物件かどうかですね。数ある中から最適な一邸を選び出すには、
広さだけでも、エリアだけでもなく、総合的にみて良いか悪いかを
決めなければなりません。
その"総合的"という見方が、私の場合は"客観的に見て、
また自分が買いたいかどうか"というポイントでした。
もし迷われた際には参考にして頂ければと思います。




■旦那様からもアドバイスをお願いします。

そうですね。しっかりした奥さんをもらって下さい(笑)。
妻の意見に加えて、夫婦間での情報共有はとても大事だと思います。
例えばインターネットで探した物件のブックマークを共有するうちに、お互いの意見調整も取れますし、相場観も付いてきます。
頭で想い描いた要望を出し合う意見交換も大切ですが、現実的な情報を共有することで、
よりリアルにマイホーム購入へと一歩前進することができるかと思います。

担当営業マン
インタビュー後記

弊社のスタッフブログをご覧になってお問合せ頂いたT様。他にもいくつか物件をご紹介した中で、
こちらが一番広さにゆとりがあると気に入って頂けました。当初から予定されていたリフォームによって、以前の間取りから
T様ご家族に合った空間へと大きく変更されています。マンションのリフォームに限らず、土地を探される場合もそうですが、
T様のように事前に完成した際の空間を思い描けることが良い物件をご購入できるポイントなのだと思います。

インタビュートップへ戻る

一戸建て・土地情報のエイムハウストップ >スペシャルインタビュー>vol34 T様